• ace-socialbusiness

EUが人権デューデリジェンス義務化法案を公表

最終更新: 4月19日

EUは企業に対して人権デューデリジェンスを義務付ける2020年9月11日付の法案を公表しました。


こちらのリンク先でドラフト(英語版)をご覧になれます。

https://www.europarl.europa.eu/doceo/document/JURI-PR-657191_EN.pdf


これを受けて、ACE代表の岩附がビジネスと人権をめぐる世界の動向について自身のブログでコメントしております。

http://acejapan.org/blog/blog-csr/29940


54回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

環境省、日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査を実施

製造過程におけるエネルギーの大量消費や製品の短いライフサイクルなど、ファッション業界は環境負荷が非常に大きい産業と指摘され、国際的な課題となっています。こうした背景を受け、環境省は、日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査を2020年12月〜2021年3月に実施しました。 (レポートより一部抜粋要約) 原材料調達段階の高い環境負荷 コットンなどの天然繊維では、水の大量消費、化学肥料による土壌汚染

EU、子どもの権利保障に関する戦略を発表

2021年3月末、欧州連合(EU)はEU Strategy on the Rights of the Child and the European Child Guaranteeを発表しました。 EUの子どもの権利保障に関する政策の枠組みである当戦略は、変化の絶えないこの時代に子どもの権利をいかに保護、推進そして全うしていくかに焦点を当てています。目標の一つに、2025年までに児童労働を撤廃するこ

WWFレポートに寄稿しました - 養殖業と外国人労働者、人権問題

ACE事務局長の白木が、WWFジャパン(1)が先日発表したレポート『震災復興から生まれた持続可能な養殖』に、養殖業が引き起こす社会・人権問題について寄稿しました。(2) 世界中の養殖業や水産業界では、児童労働や強制労働、債務労働などの搾取的な労働が報告されています。漁業は他の産業に比べてサプライチェーンの労働実態が見えにくい傾向があり、また、収益性が低い産業構造と技術の低い低賃金労働者への需要が高