02  NGOが実施したアジアの労働実態調査で、委託工場の劣悪な労働環境や処遇の実態が指摘された(2004年)

アテネ五輪を控えた2004年にスポーツメーカーを標的としたNGOによる大々的なキャンペーンが展開され、アシックスも標的に

人権侵害の事実はなかったものの、当時工場にオーダーを出していた欧州統括社長の尾山氏(現CEO)が矢面に立たされた

 02  アクションと結果

アクション: 

  • 社内にCSRチームを組織し、FLA(Fair Labor Association)に加盟

    • 日本国内のスポーツブランドでFLAに加盟しているのはアシックスのみ

  • アシックスの下請工場の管理基準も強化

    • FLAが開発した膨大な項目をベースにサプライチェーン監査の質問項目を作成

    • 契約前に生産担当者が直接委託候補先のCSR基準を確認

    • 他のブランドが既に委託している場合は、そのブランドの監査報告書を入手

    • 5段階評価でC以下の工場とは取引しない

    • 半期ごとに自主監査を実施し、自主監査した翌年は監査会社による独立監査を実施

結果とその後:

  • CEO尾山氏がオランダ国王陛下より「オラニエ・ナッソー勲章*」を授与(2014年)
    *相当な期間、社会的な役割に就き、人々に良い影響を与え、素晴らしい業績を残した人物に贈られる賞

経営トップ自らが、国際的なスポーツブランドとして 人権対応をしなかったときのリスクを強く認識し、社内体制を構築すべきことを示す事例

出典: 海野みずえ「新興国ビジネスと人権リスク:国連原則と事例から考える企業の社会的責任(CSR)」(2014)他より、ACE作成