06  大手電機メーカーの部品調達先企業のマレーシア工場にて、ミャンマー人移民労働者の不当な扱いが指摘された(2011年)

マレーシアにある日系電子機器部品メーカーが政府系人材派遣会社を通じてミャンマーからの移民労働者を雇用

ミャンマー人労働者が不当な扱いについて会社に抗議したところ、会社はその労働者達の解雇や強制送還を示唆する等脅しをかけた

労働者を支援する人権活動家兼弁護士とサプライヤー間で訴訟

訴訟を契機に世界の人権活動家やNGOが激しい攻撃を展開

世界に広がる当電機メーカーの支社に抗議メールが殺到し、デモが発生。騒動が落ち着くまで半年かかった

 06  アクションと結果

アクション: 

  • 日立グループ人権方針の策定

    • 社是と同レベルに人権尊重を掲げる

    • 人権方針を策定する日本企業が増えつつあるなか、社是と同レベルまで掲げる日系企業は日立が初めて

  • 人権デューデリジェンスの実施

    • 欧州本社CSRチームが全社方針や人権デューデリジェンスのプロセスを開発、人権活動全般のイニシアチブを実行

  • 外部機関とのネットワーキングを積極的に実施

    • 国連グローバルコンパクト本部やCSRヨーロッパ、BSR(Business for Social Responsibility)等世界の主要CSRグループのワーキングに参画

結果とその後:

  • 「人権先進企業」と呼ばれるまでに高い評価を受ける

サプライヤー企業での人権トラブルであったにもかかわらず、批判の矛先は日立に向けられ、騒動が落ち着くまでに半年を要することになった

このホームページは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて制作しました

Copyright © 2020 ACE, All Rights Reserved.