中国の強制労働は繊維のサプライチェーンを危険にさらす

2019年9月11日

新疆- 最近の報告によると、新疆ウイグル自治区のウイグル人収容所での強制労働の増加により、中国からの衣料品ブランドのサプライチェーンリスクが激化する見込みという。

 

北京の当局が商品や部品のトレーサビリティを隠そうとしているため、グローバルなリスク分析会社のVerisk Maplecroftは、標準的なデューデリジェンス慣行が強制労働との関連を明らかにする可能性は低いと警告している。

 

また、よく知られる綿花を含め新疆からの輸出原料も関係しているため、他のアパレル製造国でサプライチェーンのリスクを高めているとしている。

 

Verisk Maplecroftは、高賃金の支払いを背景にバングラデシュやカンボジアのような国々との競争に苦しんできた時代を経て、中国の繊維産業をより競争力のあるものにするための広範な戦略の一部が強制労働の使用となることを懸念している。

このホームページは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて制作しました

Copyright © 2020 ACE, All Rights Reserved.