EUは、グローバルなサプライチェーンでの虐待に対処するよう求めた

2019年12月2日

 

ブリュッセル-100を超える市民社会組織および労働組合が、企業のサプライチェーンにおける環境および人権侵害に対処するための効果的な法律を導入するよう、欧州連合(EU)に求める公開状に署名しました。

 

いわゆる強制デューデリジェンス法を求めるこの手紙は、フィンランドのEU議長国のイベントであるビジネスと人権:行動のための共通の議題に向けて、本日ブリュッセルで公開されています。

 

企業や金融機関は、法的に虐待を特定、防止、軽減する義務を負わせるとともに、国内および世界のサプライチェーンと業務における潜在的な虐待と損害の責任を負わせます。

このホームページは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて制作しました

Copyright © 2020 ACE, All Rights Reserved.