Q

人権方針を策定したいが、どうやって進めていけばよいのか?

A

グローバルなバリューチェーンのなかで自社および自社グループが及ぼす正負両面の影響を考慮したうえで、「ビジネスと人権指導原則」の枠組みやSA8000などの国際基準を参考にしながら内外に示す行動規範として策定します。

留意事項は以下の通りです:

・内部においては行動指針としての機能を、外部に対しては取引先、サプライヤーに対する要求基準としての機能を担うことを想定

・評価指標を定め、適宜、成果を計る仕組みと改善ループ、問題が発生した際の救済の措置も予め組み込んでおく

・定期的な成果の公表を制度化することが望ましい。

このホームページは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて制作しました

Copyright © 2020 ACE, All Rights Reserved.