Q

問題が発覚した時の対処法を知りたい。

A

現状に正面から向き合い、サプライヤーに是正を強く要求するとともに、被害を受けている人たちの保護・救済と再発防止に向けた対策に協働で取組むことが必須です。ただ単に問題を起こしたサプライヤ—を「切り捨てる」だけでは、有効な解決にならないばかりか、却って事態を悪化することになります。何度も同様の問題を起こしてしまう場合は別として、辛抱強く行動を積み重ねて着実な結果を出していくことが求められます。

​過去に他社で起きた問題と対処の事例の一部を当サイトの「企業と人権課題」のページで紹介しています。

ACEにもサプライチェーンでの人権課題に関するご相談に応じることができるスタッフがおります。

このホームページは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて制作しました

Copyright © 2020 ACE, All Rights Reserved.