• ace-socialbusiness

シカゴ大学NORC研究所が報告書を発表「コートジボワールとガーナのカカオ栽培地域における児童労働削減の進捗状況評価」

更新日:4月19日

2020年10月19日 シカゴ


シカゴ大学の外郭研究機関"NORC"は、米国労働省の国際労働局(ILAB)からの委託を受けて2018-19年のカカオ収穫期に収集した情報と過去の対照期間のデータに基づき、コートジボワールとガーナのカカオ栽培地域における児童労働削減の進捗状況に関する最終報告書をまとめ、このたび発表しました。


報告書によるとカカオの世界二大生産国における児童労働者の数は156万人。そのうちコートジボワールが約79万人、ガーナが約77万人で、いずれもその多くが危険有害労働に該当する労働に従事しているとのことです。また、同報告書はカカオ生産地域の農業世帯においては5-17歳の子どもの45%(2ヵ国の平均)が、カカオ生産にまつわる児童労働に従事しているとしています。


<主要データ>

■ カカオ生産にまつわる児童労働に従事している子どもは156万人。うち、コートジボワールが約79万人、ガーナが約77万人。

■ カカオ生産にまつわる危険有害な児童労働に少なくとも1つさらされている子どもは148万人。うち、コートジボワールが約77万人、ガーナが約71万人。

■カカオ生産地域の農家世帯において、5-17歳の子どもの45%が、カカオ生産にまつわる児童労働に従事 (2ヵ国の平均)。 国別でみると、コートジボワールは38%、ガーナは55%

■ カカオ生産地域の農業世帯において、5-17歳の子どもの43%が、カカオ生産にまつわる危険有害な児童労働に従事(2ヵ国の平均) 国別でみると、コートジボワールは37%、ガーナは51%



また、約300ページにわたる報告書には、カカオ生産に関する諸背景を踏まえてどのような介入が効果的であるかについても示唆しています。



詳細については下記URLをご参照ください:


(NORC発表サイト)

Assessing Progress in Reducing Child Labor in Cocoa Growing Areas of Côte d’Ivoire and Ghana |

https://www.norc.org/Research/Projects/Pages/assessing-progress-in-reducing-child-labor-in-cocoa-growing-areas-of-côte-d’ivoire-and-ghana.aspx


(発表資料全文)

https://www.norc.org/PDFs/Cocoa Report/NORC 2020 Cocoa Report_English.pdf

518回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本繊維産業連盟、ILOと繊維産業の責任ある企業行動促進に向けた覚書を締結

2021年11月5日、日本繊維産業連盟(JTF)とILOは、繊維産業の責任ある企業行動促進に向けた協力覚書を締結しました。同年7月に経済産業省が取りまとめた「繊維産業におけるサステナビリティに関する検討会報告書」では、繊維産業の企業による人権デュー・デリジェンスの実施必要性のさらなる周知、責任あるサプライチェーン管理の促進がディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の推進につながる可能性

G7貿易大臣に対して強制労働撤廃を求める声明に賛同しました

ロンドンで2021年10月22日に開催されたG7貿易大臣会合に先立って、アジェンダの一つである強制労働撤廃に関してACEを含む37団体が声明を出しました。会議の成果文書として「強制労働に関するG7貿易大臣声明」という付属文書が発表され、グローバル・サプライチェーンからの強制労働をなくすための取り組みが明らかにされました。 2021年6月にG7サミットが開催された際、首脳宣言にグローバル・サプライチ

国際連合人権理事会「健康的で持続可能な環境への権利」を人権と決議

2021年10月8日、国際連合人権理事会は、第48回定例会合において、「安全でクリーンで健康的で持続的な環境への権利」決議を採択し、生物多様性や生態系に関するものを含め、安全、清潔、健康的で持続可能な環境への権利を、人権の一つと規定しました。 本決議は、環境に関する人権を認めた初めての決議で、直前まで反対をしていたイギリスが賛成に転じ、43カ国の賛同、反対ゼロにて可決されました。ロシア、インド、中