• ace-socialbusiness

シカゴ大学NORC研究所が報告書を発表「コートジボワールとガーナのカカオ栽培地域における児童労働削減の進捗状況評価」

最終更新: 4月19日

2020年10月19日 シカゴ


シカゴ大学の外郭研究機関"NORC"は、米国労働省の国際労働局(ILAB)からの委託を受けて2018-19年のカカオ収穫期に収集した情報と過去の対照期間のデータに基づき、コートジボワールとガーナのカカオ栽培地域における児童労働削減の進捗状況に関する最終報告書をまとめ、このたび発表しました。


報告書によるとカカオの世界二大生産国における児童労働者の数は156万人。そのうちコートジボワールが約79万人、ガーナが約77万人で、いずれもその多くが危険有害労働に該当する労働に従事しているとのことです。また、同報告書はカカオ生産地域の農業世帯においては5-17歳の子どもの45%(2ヵ国の平均)が、カカオ生産にまつわる児童労働に従事しているとしています。


<主要データ>

■ カカオ生産にまつわる児童労働に従事している子どもは156万人。うち、コートジボワールが約79万人、ガーナが約77万人。

■ カカオ生産にまつわる危険有害な児童労働に少なくとも1つさらされている子どもは148万人。うち、コートジボワールが約77万人、ガーナが約71万人。

■カカオ生産地域の農家世帯において、5-17歳の子どもの45%が、カカオ生産にまつわる児童労働に従事 (2ヵ国の平均)。 国別でみると、コートジボワールは38%、ガーナは55%

■ カカオ生産地域の農業世帯において、5-17歳の子どもの43%が、カカオ生産にまつわる危険有害な児童労働に従事(2ヵ国の平均) 国別でみると、コートジボワールは37%、ガーナは51%



また、約300ページにわたる報告書には、カカオ生産に関する諸背景を踏まえてどのような介入が効果的であるかについても示唆しています。



詳細については下記URLをご参照ください:


(NORC発表サイト)

Assessing Progress in Reducing Child Labor in Cocoa Growing Areas of Côte d’Ivoire and Ghana |

https://www.norc.org/Research/Projects/Pages/assessing-progress-in-reducing-child-labor-in-cocoa-growing-areas-of-côte-d’ivoire-and-ghana.aspx


(発表資料全文)

https://www.norc.org/PDFs/Cocoa Report/NORC 2020 Cocoa Report_English.pdf

178回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

環境省、日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査を実施

製造過程におけるエネルギーの大量消費や製品の短いライフサイクルなど、ファッション業界は環境負荷が非常に大きい産業と指摘され、国際的な課題となっています。こうした背景を受け、環境省は、日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査を2020年12月〜2021年3月に実施しました。 (レポートより一部抜粋要約) 原材料調達段階の高い環境負荷 コットンなどの天然繊維では、水の大量消費、化学肥料による土壌汚染

EU、子どもの権利保障に関する戦略を発表

2021年3月末、欧州連合(EU)はEU Strategy on the Rights of the Child and the European Child Guaranteeを発表しました。 EUの子どもの権利保障に関する政策の枠組みである当戦略は、変化の絶えないこの時代に子どもの権利をいかに保護、推進そして全うしていくかに焦点を当てています。目標の一つに、2025年までに児童労働を撤廃するこ

WWFレポートに寄稿しました - 養殖業と外国人労働者、人権問題

ACE事務局長の白木が、WWFジャパン(1)が先日発表したレポート『震災復興から生まれた持続可能な養殖』に、養殖業が引き起こす社会・人権問題について寄稿しました。(2) 世界中の養殖業や水産業界では、児童労働や強制労働、債務労働などの搾取的な労働が報告されています。漁業は他の産業に比べてサプライチェーンの労働実態が見えにくい傾向があり、また、収益性が低い産業構造と技術の低い低賃金労働者への需要が高