top of page
  • ace-socialbusiness

シカゴ大学NORC研究所が報告書を発表「コートジボワールとガーナのカカオ栽培地域における児童労働削減の進捗状況評価」

更新日:2021年4月19日

2020年10月19日 シカゴ


シカゴ大学の外郭研究機関"NORC"は、米国労働省の国際労働局(ILAB)からの委託を受けて2018-19年のカカオ収穫期に収集した情報と過去の対照期間のデータに基づき、コートジボワールとガーナのカカオ栽培地域における児童労働削減の進捗状況に関する最終報告書をまとめ、このたび発表しました。


報告書によるとカカオの世界二大生産国における児童労働者の数は156万人。そのうちコートジボワールが約79万人、ガーナが約77万人で、いずれもその多くが危険有害労働に該当する労働に従事しているとのことです。また、同報告書はカカオ生産地域の農業世帯においては5-17歳の子どもの45%(2ヵ国の平均)が、カカオ生産にまつわる児童労働に従事しているとしています。


<主要データ>

■ カカオ生産にまつわる児童労働に従事している子どもは156万人。うち、コートジボワールが約79万人、ガーナが約77万人。

■ カカオ生産にまつわる危険有害な児童労働に少なくとも1つさらされている子どもは148万人。うち、コートジボワールが約77万人、ガーナが約71万人。

■カカオ生産地域の農家世帯において、5-17歳の子どもの45%が、カカオ生産にまつわる児童労働に従事 (2ヵ国の平均)。 国別でみると、コートジボワールは38%、ガーナは55%

■ カカオ生産地域の農業世帯において、5-17歳の子どもの43%が、カカオ生産にまつわる危険有害な児童労働に従事(2ヵ国の平均) 国別でみると、コートジボワールは37%、ガーナは51%



また、約300ページにわたる報告書には、カカオ生産に関する諸背景を踏まえてどのような介入が効果的であるかについても示唆しています。



詳細については下記URLをご参照ください:


(NORC発表サイト)

Assessing Progress in Reducing Child Labor in Cocoa Growing Areas of Côte d’Ivoire and Ghana |

https://www.norc.org/Research/Projects/Pages/assessing-progress-in-reducing-child-labor-in-cocoa-growing-areas-of-côte-d’ivoire-and-ghana.aspx


(発表資料全文)

https://www.norc.org/PDFs/Cocoa Report/NORC 2020 Cocoa Report_English.pdf

閲覧数:1,207回0件のコメント

最新記事

すべて表示

企業の「ビジネスと人権」の取り組み必要性が高まる中、カカオ産業における児童労働をなくすためには企業はどのような取り組みが求められるのでしょうか。ACEの副代表である白木朋子への取材記事が、2023年1月7日(土)の朝日新聞朝刊「資本主義NEXT⑤ビジネスと人権」のコーナーに掲載されました。国内チョコレートメーカーの児童労働撤廃の取り組みに対する白木のコメントが取り上げられています。 同記事はデジタ

VOICE networkは2022年12月7日、カカオ産業の抱える課題に関する共同報告書Cocoa Barometer 2022を発行しました。本報告書は、ACEを含む世界各地の28の市民社会組織によって共同で作成されました。 Cacao Barometer 2022では、児童労働や森林破壊など世界のカカオのサプライチェーンが抱える課題は、カカオ豆の取引価格の引き上げを組み合わせて取り組まなけれ

12月10日の世界人権デーを控え、第15回ACE交流サロンを開催いたします。 2022年9月に、企業によるビジネスと人権への取り組みを後押しするため、経済産業省が「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」を発行しました。ガイドラインはできたものの、法的拘束力がない中で、実際何をどのように進めていったらよいのかという声や、消費者の意識が追い付いていないというような声も聞かれる

bottom of page