• ace-socialbusiness

ドイツ、サプライチェーン法を2023年から施行

最終更新: 4月19日

ドイツのアルトマイヤー経済エネルギー大臣、ハイル労働大臣、ミュラー経済協力開発大臣は、サプライチェーンのデューデリジェンスに関する新しい法律の制定に合意しました。先日3月3日に法案が閣議決定され、2023年1月から施行を目指すとしています。国連「ビジネスと人権に関する指導原則」とOECD「多国籍企業行動指針」の条項を組み込むこの法律により、ドイツに本社を置く企業は、サプライチェーンの全レベルで人権基準および関連環境基準の遵守を確保する法的義務が課されます。


また、これから作成される人権デューディリジェンスに関するEU法の内容に合わせ、ドイツ国内法も内容を厳格化する可能性があります。


詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.bundesregierung.de/breg-en/news/supply-chain-act-1872076

45回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

環境省、日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査を実施

製造過程におけるエネルギーの大量消費や製品の短いライフサイクルなど、ファッション業界は環境負荷が非常に大きい産業と指摘され、国際的な課題となっています。こうした背景を受け、環境省は、日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査を2020年12月〜2021年3月に実施しました。 (レポートより一部抜粋要約) 原材料調達段階の高い環境負荷 コットンなどの天然繊維では、水の大量消費、化学肥料による土壌汚染

EU、子どもの権利保障に関する戦略を発表

2021年3月末、欧州連合(EU)はEU Strategy on the Rights of the Child and the European Child Guaranteeを発表しました。 EUの子どもの権利保障に関する政策の枠組みである当戦略は、変化の絶えないこの時代に子どもの権利をいかに保護、推進そして全うしていくかに焦点を当てています。目標の一つに、2025年までに児童労働を撤廃するこ

WWFレポートに寄稿しました - 養殖業と外国人労働者、人権問題

ACE事務局長の白木が、WWFジャパン(1)が先日発表したレポート『震災復興から生まれた持続可能な養殖』に、養殖業が引き起こす社会・人権問題について寄稿しました。(2) 世界中の養殖業や水産業界では、児童労働や強制労働、債務労働などの搾取的な労働が報告されています。漁業は他の産業に比べてサプライチェーンの労働実態が見えにくい傾向があり、また、収益性が低い産業構造と技術の低い低賃金労働者への需要が高