• ace-socialbusiness

第11回ACE交流サロン(開催報告)

最終更新: 3月17日

2020年10月29日、「ESG 経営視点で見る子どもの権利とビジネス」をテーマに、「子どもの権利」について理解を深め、ビジネスと人権に関する行動計画(NAP)との関係や取り組みの先進事例について皆さんと共有する場を設けました。また、ビジネスの中で子どもの権利をどのように尊重することができるのか、リスクや機会についてワークショップ形式で議論を深めていただきました。


詳細はこちらをご覧ください。

http://acejapan.org/info/2021/02/30474

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

WWFレポートに寄稿しました - 養殖業と外国人労働者、人権問題

ACE事務局長の白木が、WWFジャパン(1)が先日発表したレポート『震災復興から生まれた持続可能な養殖』に、養殖業が引き起こす社会・人権問題について寄稿しました。(2) 世界中の養殖業や水産業界では、児童労働や強制労働、債務労働などの搾取的な労働が報告されています。漁業は他の産業に比べてサプライチェーンの労働実態が見えにくい傾向があり、また、収益性が低い産業構造と技術の低い低賃金労働者への需要が高

ドイツ、サプライチェーン法を2023年から施行

ドイツのアルトマイヤー経済エネルギー大臣、ハイル労働大臣、ミュラー経済協力開発大臣は、サプライチェーンのデューデリジェンスに関する新しい法律の制定に合意しました。先日3月3日に法案が閣議決定され、2023年1月から施行を目指すとしています。国連「ビジネスと人権に関する指導原則」とOECD「多国籍企業行動指針」の条項を組み込むこの法律により、ドイツに本社を置く企業は、サプライチェーンの全レベルで人権

海外大手チョコレートメーカー、元児童労働者から告訴

海外大手チョコレートメーカーである Mars、Nestlé 、Hersheyは、コートジボワールのカカオ農園での元児童労働者たちから、強制労働や給料の未払いを理由に訴えられました。 詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.theguardian.com/global-development/2021/feb/12/mars-nestle-and-hershey-to-face-la

このホームページは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて制作しました

Copyright © 2020 ACE, All Rights Reserved.