• ace-socialbusiness

ACE、JICAよりガーナの児童労働に係る調査プロジェクトを受託、CLFZ制度推進に新たな一歩

最終更新: 4月19日

ACEはこのたび、国際協力機構(JICA)の公募による「ガーナ国カカオ・セクターを中心とした児童労働に係る情報収集・確認調査」の案件を受託し、政府開発援助(ODA)プロジェクトにおけるコンサルティング業務等を行うアイ・シー・ネット株式会社と協働で、調査プロジェクトを開始いたしました。


この調査プロジェクトは、「児童労働フリーゾーン」 (CLFZ)認定制度の運用をはじめとする児童労働撤廃に向けたガーナ政府の取り組みへの協力の一環として、JICAおよび関連組織から委託を受け必要な情報を収集・分析することを目的としております。


CLFZ認定制度については、ACEは構想段階よりガーナ政府と連携して制度設計に携わってまいりましたが、これを実際に運用するにあたり、JICAと協力し普及推進を支援しております。


カカオ産業においては児童労働問題に対する様々な取り組みが行われていますが、プロジェクトの持続可能性や効果など多くの課題があるなかで、CLFZ制度というアプローチを本質的な課題解決につなげることを私どもは目指しております。

このたびのプロジェクトを通じて得られる新たな知見により児童労働撤廃に向けての動きが大きく前進するものと期待しております。


(ご参考情報)児童労働撤廃に向けて力を結集 ガーナ | JICA

https://www.jica.go.jp/publication/mundi/202011/202011_07.html


58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第12回ACE交流サロン(開催報告)

2021年2月18日、「企業×NGOで実現 サステナブルコットンの船出 ~学生とSDGsを達成する未来を考える~」をテーマに、ACE交流サロンを開催しました。12回目となる今回は、サロン初の試みとして、企業だけでなく、若者・学生にも参加いただき、ACEがインドのコットン生産地の人権・環境問題を切り口に、サステナブルな商品を作る企業の取組紹介から、Z世代の学生・若者を招き、持続可能な未来に求めること

WWFレポートに寄稿しました - 養殖業と外国人労働者、人権問題

ACE事務局長の白木が、WWFジャパン(1)が先日発表したレポート『震災復興から生まれた持続可能な養殖』に、養殖業が引き起こす社会・人権問題について寄稿しました。(2) 世界中の養殖業や水産業界では、児童労働や強制労働、債務労働などの搾取的な労働が報告されています。漁業は他の産業に比べてサプライチェーンの労働実態が見えにくい傾向があり、また、収益性が低い産業構造と技術の低い低賃金労働者への需要が高

第11回ACE交流サロン(開催報告)

2020年10月29日、「ESG 経営視点で見る子どもの権利とビジネス」をテーマに、「子どもの権利」について理解を深め、ビジネスと人権に関する行動計画(NAP)との関係や取り組みの先進事例について皆さんと共有する場を設けました。また、ビジネスの中で子どもの権利をどのように尊重することができるのか、リスクや機会についてワークショップ形式で議論を深めていただきました。 詳細はこちらをご覧ください。 h