• ace-socialbusiness

ILO史上初!「最悪の形態の児童労働条約」を全加盟国が批准 101年の国連史で全加盟国批准の最速記録も更新

ILO(国際労働機関)第182号条約「 最悪の形態の児童労働の禁止及び撤廃のための即時の行動に関する条約」(以下、「最悪の形態の児童労働条約」)が、ILOすべての加盟国(187か国)によって批准されたと、ILOと国連が発表しました。


国際連盟の時代を含め101年におよぶ国連の歴史のなかで、最も早くすべての加盟国が批准した条約であり、190あるILO条約のなかで、すべての加盟国が批准した初めての条約となります。


国連が定めた「児童労働撤廃国際年」(2021年)を目前にして、「2025年までの児童労働撤廃」達成に向けた活動が世界中で加速することが期待されます。


詳しくはACEのメインサイトをご覧ください:

http://acejapan.org/info/2020/08/29634

21回の閲覧

最新記事

すべて表示

EUが人権デューデリジェンス義務化法案を公表

EUは企業に対して人権デューデリジェンスを義務付ける2020年9月11日付の法案を公表しました。 こちらのリンク先でドラフト(英語版)をご覧になれます。 https://www.europarl.europa.eu/doceo/document/JURI-PR-657191_EN.pdf これを受けて、ACE代表の岩附がビジネスと人権をめぐる世界の動向について自身のブログでコメントしております。

シカゴ大学NORC研究所が報告書を発表「コートジボワールとガーナのカカオ栽培地域における児童労働削減の進捗状況評価」

2020年10月19日 シカゴ シカゴ大学の外郭研究機関"NORC"は、米国労働省の国際労働局(ILAB)からの委託を受けて2018-19年のカカオ収穫期に収集した情報と過去の対照期間のデータに基づき、コートジボワールとガーナのカカオ栽培地域における児童労働削減の進捗状況に関する最終報告書をまとめ、このたび発表しました。 報告書によるとカカオの世界二大生産国における児童労働者の数は156万人。その

このホームページは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて制作しました

Copyright © 2020 ACE, All Rights Reserved.