ACE(エース)は、「子ども、若者が自らの意志で人生や社会を築くことができる世界をつくるために、子ども、若者の権利を奪う社会課題を解決する」ことをパーパス(団体の存在意義)に掲げ、児童労働の撤廃と予防に取り組む国際協力NGOです。

 

インドのコットン生産地とガーナのカカオ生産地で危険な労働から子どもたちを守り、日本では、児童労働の問題を伝える啓発活動、政府や企業への提言活動、ネットワークやソーシャルビジネスを通じた児童労働を解決するための活動を行っています。

(ACEの活動理念、組織概要、詳しい活動内容などはACEメインサイトをご覧ください。)

 

パラダイムシフトの時代、必要なのはセクターを越えた協働

サプライチェーンには、児童労働、強制労働、人身取引、長時間労働等、解決されるべき様々な人権課題が潜んでおり、地球規模での解決が必要だとして、SDGsでも取り上げられています。いまや企業はサプライチェーン上の人権課題に無関心ではいられません。

企業に求められていることとは何か?企業の社会的責任(CSR)、リスクと企業価値、サステナビリティとは?

課題への多角的なアプローチと、10年以上に渡りアジア、アフリカで児童労働の予防・撤廃を目指すプロジェクトを実施してきた経験から、世界の潮流を踏まえた人権分野の知見を有するACE。その専門性を活かした企業向けプログラムも実施しております。ビジネスと人権に関する研修 / ワークショップ・講演を多数実施。サプライチェーンの人権リスクの特定、調達や人権に関わる方針策定、工場等の実態調査ほか人権デューデリジェンスの実施のサポートにも対応しています。

※国際規格SA8000社会監査人コース修了スタッフ5名在籍(2020年3月現在)​

2021 児童労働撤廃国際年 特別キャンペーン
「SDGs 8.7に日本のCEOがコミットメント!」にご参加ください

2021年は、国連が定めた児童労働撤廃国際年です。

 

『強制労働の廃絶、現代の奴隷制および人身取引の廃止、子ども兵士の募集と使用を含む最悪な形態の児童労働を禁止及び撤廃するために、緊急かつ効果的な措置を実施する。そして、2025年までにあらゆる形態の児童労働を終わらせる。』というSDGsのターゲット8.7の実現に向け、世界各国でシフトアップが求められる年です。Act、Inspire、Scale upの3つを軸に、ACEの活動もさらに強化してまいります。

一人でも多くの子どもを児童労働から救うことは、企業のみなさまの協力なしには叶いません。自社のサプライチェーン上における人権問題に長年取り組んでおられる企業の方も、これを機に取り組みを始められる企業の方も、児童労働撤廃国際年特設サイトにて児童労働撤廃に向けた御社の力強い意思表明をお願いいたします。

ニュース

米、日本の外国人技能実習制度に再び警鐘を鳴らす

アメリカ合衆国国務省が7月1日に発表した2021年版の世界各国の人身売買に関する報告書(2021 Trafficking in Persons Report)の中で、外国人技能実習制度の実態と日本政府の不十分な取り組みを理由として、日本は4段階評価で上から二番目のTier2...

ドイツ、ノルウェーで人権デュー・デリジェンス法制化が進む

ドイツ 2021年6月、ドイツ連邦議会によりサプライチェーン注意義務法が2023年1月から施行されることが承認可決されました。この法律は、企業に対してサプライチェーン上の人権リスクや、それに影響を及ぼしうる環境リスクに関するデュー・デリジェンス(リスク監査や人権リスクの予防...

【イベント】7月12日「人権デューディリジェンス・欧州の動向を考える」にACE代表の岩附が登壇します。

2011年に国連人権理事会で全会一致で承認され、今年10周年を迎えた「ビジネスと人権に関する指導原則」は、国家の人権保護義務に加え、企業に対しても、人権を尊重する責任を果たすことを求めています。その実効性を担保するために、各国で法制化が進んでおり、中でも、その動きは欧州で特...