top of page
  • ace-socialbusiness

【開催報告】第17回ACE交流サロン SDGsアワード受賞記念特別回「事業のダイナミズムを生む組織の在り方」


2023年9月29日、「事業のダイナミズムを生む組織の在り方」と題して、第17回ACE交流サロンを開催しました。


ACEは同年3月、団体設立25周年という節目の年に、 SDGs達成のために優れた取り組みを行う団体等を表彰する「第6回ジャパンSDGsアワード」の「SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞」を受賞しました。


今回のACE交流サロンは〈SDGsアワード受賞記念特別回〉として、パネリストに「第4回ジャパンSDGsアワード」で内閣総理大臣賞を受賞された株式会社UPDATER(旧みんな電力(株)、以下UPDATER)の代表取締役 大石英司氏を、モデレーターに株式会社オウルズコンサルティンググループの若林理紗氏をお迎えし、ACE代表の岩附と共に事業や組織のつくり方、企業とNPO/NGO協働でのルール・メイキングについて両社の事例を交えながらお話しました。


両社の出会いと連携

ACEとUPDATERの両社の経営者同士が日本エシカル推進協議会をきっかけに知り合い、互いの活動を「面白そう」と思うところから交流が始まりました。


ACE法人会員としての寄付者・被寄付者の関係を超えて、「顔の見える化」のツールとしてブロックチェーン活用を強みにもつUPDATERと、両社で児童労働のないバッテリー*製造実現に向けた基礎研究や、児童労働のないサプライチェーン構築のためのブロックチェーンの活用方法を探求し、消費者からの寄付金の行く先をブロックチェーンを用いて見える化した「タドれるチョコ」の共同開発などもしています。


*バッテリーに使用されるリチウム電池の原料コバルトの採掘現場には児童労働があると確認されています。


全文はACEメインウェブサイトにてお読みください。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【イベント】第17回ACE交流サロン SDGsアワード受賞記念特別回「事業のダイナミズムを生む組織の在り方」

ACEは2023年に団体設立25周年を迎えました。その節目となる今年、SDGs達成のために優れた取り組みを行う団体等を表彰する「第6回ジャパンSDGsアワード」の「SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞」を受賞しました。ACEとしてこれまで児童労働の撤廃と子どもの権利普及のた...

Comments


bottom of page