• ace-socialbusiness

国際連合人権理事会「健康的で持続可能な環境への権利」を人権と決議

更新日:10月12日

2021年10月8日、国際連合人権理事会は、第48回定例会合において、「安全でクリーンで健康的で持続的な環境への権利」決議を採択し、生物多様性や生態系に関するものを含め、安全、清潔、健康的で持続可能な環境への権利を、人権の一つと規定しました。


本決議は、環境に関する人権を認めた初めての決議で、直前まで反対をしていたイギリスが賛成に転じ、43カ国の賛同、反対ゼロにて可決されました。ロシア、インド、中国、日本の4カ国は棄権しました。


今回の決議では、気候変動と環境破壊が世界中の何百万人もの人々に深刻な被害を与えていることを認め、また最も脆弱な立場にある人々がより深刻な影響を受けていることを強調しています。ミシェル・バチェレ国連人権高等弁務官は、声明の中で加盟国に対し、健全な環境への権利を迅速かつ実質的に実現するための大胆な行動をとるよう呼びかけました。


世界銀行は、政府が気候危機対策や社会的保護などの対策を取らなければ、気候移住者*は、2050年までに2億1600万人に達するだろうと推測しています(世界銀行、2021)。特に、女性や子どもは、家族の男性が離れた地域に出稼ぎに出ることにより長期不在となるため、あるいは厳しい家計などのために、人身取引や強制労働、性的虐待のリスクが高いとされています。


環境課題、人権課題を一連の課題と捉え、今後ますますの対策を講じることが求められています。


詳しくはこちらをご覧ください。 https://news.un.org/en/story/2021/10/1102582 https://jp.reuters.com/article/climate-migration-world-bank-idJPKBN2G91E1


*気候変動・環境破壊が原因で強制移住しなければならない人々

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

米、日本の外国人技能実習制度に再び警鐘を鳴らす

アメリカ合衆国国務省が7月1日に発表した2021年版の世界各国の人身売買に関する報告書(2021 Trafficking in Persons Report)の中で、外国人技能実習制度の実態と日本政府の不十分な取り組みを理由として、日本は4段階評価で上から二番目のTier2に据え置かれたままでした(2018年、2019年は一時的にTier1でしたが、2020年に再度Tier2に戻りました)。外国人

ドイツ、ノルウェーで人権デュー・デリジェンス法制化が進む

ドイツ 2021年6月、ドイツ連邦議会によりサプライチェーン注意義務法が2023年1月から施行されることが承認可決されました。この法律は、企業に対してサプライチェーン上の人権リスクや、それに影響を及ぼしうる環境リスクに関するデュー・デリジェンス(リスク監査や人権リスクの予防措置)の実施を企業に義務づけます。 2023年1月からは、ドイツ国内にある本店、本社、主要事業所などの従業員が3000人を超え

【イベント】7月12日「人権デューディリジェンス・欧州の動向を考える」にACE代表の岩附が登壇します。

2011年に国連人権理事会で全会一致で承認され、今年10周年を迎えた「ビジネスと人権に関する指導原則」は、国家の人権保護義務に加え、企業に対しても、人権を尊重する責任を果たすことを求めています。その実効性を担保するために、各国で法制化が進んでおり、中でも、その動きは欧州で特に顕著です。現在は、EUレベルでの環境・人権デューディリジェンス法制について議論されており、先日は、ドイツでも法律が可決されま