• ace-socialbusiness

第12回ACE交流サロン(開催報告)

更新日:6月9日


2021年2月18日、「企業×NGOで実現 サステナブルコットンの船出 ~学生とSDGsを達成する未来を考える~」をテーマに、ACE交流サロンを開催しました。12回目となる今回は、サロン初の試みとして、企業だけでなく、若者・学生にも参加いただき、ACEがインドのコットン生産地の人権・環境問題を切り口に、サステナブルな商品を作る企業の取組紹介から、Z世代の学生・若者を招き、持続可能な未来に求めることを語っていただきました。


詳細はこちらをご覧ください。

http://acejapan.org/info/2021/05/30946


27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドイツ、ノルウェーで人権デュー・デリジェンス法制化が進む

ドイツ 2021年6月、ドイツ連邦議会によりサプライチェーン注意義務法が2023年1月から施行されることが承認可決されました。この法律は、企業に対してサプライチェーン上の人権リスクや、それに影響を及ぼしうる環境リスクに関するデュー・デリジェンス(リスク監査や人権リスクの予防措置)の実施を企業に義務づけます。 2023年1月からは、ドイツ国内にある本店、本社、主要事業所などの従業員が3000人を超え

【イベント】7月12日「人権デューディリジェンス・欧州の動向を考える」にACE代表の岩附が登壇します。

2011年に国連人権理事会で全会一致で承認され、今年10周年を迎えた「ビジネスと人権に関する指導原則」は、国家の人権保護義務に加え、企業に対しても、人権を尊重する責任を果たすことを求めています。その実効性を担保するために、各国で法制化が進んでおり、中でも、その動きは欧州で特に顕著です。現在は、EUレベルでの環境・人権デューディリジェンス法制について議論されており、先日は、ドイツでも法律が可決されま

日本のアパレル企業は低評価。強制労働リスクへの対応は未だ不十分。

イギリスの人権NGO、Know The Chainは5月26日、世界各国のアパレル企業64社を対象に強制労働リスク対応状況を評価した2021年ランキング「2021 Apparel and Footwear Benchmark」を発表しました。 アパレル業界のサプライチェーンでは以前より強制労働が問題視されていますが、未だ大幅な改善が見られていません。強制労働リスクへの対応について「何もしていない」