• ace-socialbusiness

【イベント】12月5日 第15回ACE交流サロン「ビジネスと人権が持続可能であるために~卵が先か、鶏が先か?~」

更新日:11月21日


12月10日の世界人権デーを控え、第15回ACE交流サロンを開催いたします。


2022年9月に、企業によるビジネスと人権への取り組みを後押しするため、経済産業省が「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」を発行しました。ガイドラインはできたものの、法的拘束力がない中で、実際何をどのように進めていったらよいのかという声や、消費者の意識が追い付いていないというような声も聞かれる中、私たちはどのようにトランジションしていけるのでしょうか?


ACEでは、顕著な人権課題のひとつである児童労働の問題に1997年の創立以来取り組んでおります。ガーナでカカオを作る生産者や、日本でチョコレートを食べる消費者、チョコレートでビジネスを行う企業をつなぐことで、カカオ生産地での児童労働をなくし、すべての子どもが質のよい教育を受けること、おとなも安全な環境で働き生活を向上し自立していけること、そのような生産と消費の循環の実現を目指し、2009年から「しあわせへのチョコレート」プロジェクトを実施しております。プロジェクトを通して出会ったステークホルダーの方々が実際にどのような取り組みをしているのか、その事例を通して一緒に学び、企業のみなさまが取り組みを進める上でのヒントを得る機会にできればと考えております。


今回は、9月に主力製品であるブラックサンダーの原料をサステナブル原料に切り替えた有楽製菓株式会社の代表取締役社長 河合辰信氏と、ビジネスと人権に関する企業への支援を多数手がけ、「ビジネスと人権入門」を上梓された株式会社オウルズコンサルティングの代表取締役CEO 羽生田慶介氏をお迎えし、ACE副代表の白木朋子を交え、現状の取り組み、そして課題や今後の展望も含めたお話をお届けしつつ、参加者の皆様の意見交換や交流を図る場としたいと思います。


【開催概要 】 

  • 日時:2022年12月5日(月)15:00〜17:00  

  • 開催形式:対面のみ 

  • 会場:TIME SHARING Biz 東京駅前3F 

  • 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-7-17 八重洲ロータリービル3階 

  • JR東京駅 「八重洲北口」より徒歩1分 

  • 定員:39名。 

  • 参加費:

  • 法人会員 無料(各社2名まで)。

  • サステイナブル・カカオ・プラットフォーム会員 2,000円。

  • 非会員 5,000円 

  • 主催:認定NPO法人ACE 

  • 後援:開発途上国におけるサステイナブル・カカオ・プラットフォーム 


【プログラム(予定)】

1. パネルディスカッション 「ビジネスと人権が持続可能であるために」(50分)

パネリスト

有楽製菓(株)代表取締役社長 河合辰信氏 (株)オウルズコンサルティング 代表取締役CEO羽生田慶介氏 ACE 副代表 白木朋子

2. 情報交換・交流タイム(ワールド・カフェ方式)(45分)


※その他、あいさつ、情報提供などを含めトータル約110分


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ACEは2022年10月24日、持続可能なカカオ産業の実現をめざす団体で構成されるネットワーク、Voice networkの正会員となりました。当ネットワークはオランダに事務局を置き、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア・太平洋、アフリカの各地域・国で活動する市民社会組織や貿易連合22団体(2022年10月現在)からなるグローバルなネットワークです。カカオ産業が抱える課題の解決をめざし、生活所得の問題

ACEは、2020年10月より2022年6月にかけて、国際協力機構(JICA)の委託事業「ガーナ共和国カカオ・セクターを中心とした児童労働に係る情報収集・確認調査」を実施しました。本調査では、児童労働に関する世界的動向やガーナにおける支援動向、カカオ産業の関係者等による取り組み動向を調査したほか、2020年3月にガーナ政府が発行した「児童労働フリーゾーン(CLFZ)構築のためのガイドライン(以下、

2022年9月28日 ABEMA primeにて、ブラックサンダー(有楽製菓株式会社)の原料が、児童労働に配慮したカカオ原料に切り替わったことが取り上げられました。NPOと企業との連携を通して児童労働のないカカオの実現に向けて取り組みをしているソーシャルビジネス推進事業部のチーフ、佐藤有希子が番組に出演し、解説およびコメントをいたしました。 配信動画、および関連記事は以下のリンクよりご覧いただけま