• ace-socialbusiness

EU、子どもの権利保障に関する戦略を発表

最終更新: 6月8日

2021年3月末、欧州連合(EU)はEU Strategy on the Rights of the Child and the European Child Guaranteeを発表しました。

EUの子どもの権利保障に関する政策の枠組みである当戦略は、変化の絶えないこの時代に子どもの権利をいかに保護、推進そして全うしていくかに焦点を当てています。目標の一つに、2025年までに児童労働を撤廃することも組み込まれています。


EU Strategy: six thematic areas & proposed action:

1. Children as agents of change in democratic life

2. The right of children to realise their full potential no matter their social background

3. The right of children to be free from violence

4. The right of children to child-friendly justice

5. The right of children to safely navigate the digital environment and harness its opportunities

6. The rights of children across the globe


社会や家庭内での暴力から子どもを保護することや、平等な教育機会や社会保障へのアクセスの担保など、特に経済・社会的に脆弱な立場の家庭の子どもの権利を保護、推進することは、子どもが成長の過程で児童労働に巻き込まれるリスクを少なくすることにもつながります。


またEUは、子どもの声なしに子どもに関する政策策定はできないとし、EU内外の1万人以上の11歳から17歳までの子ども・若者に対して事前調査を行い、調査結果を政策内容へ反映しました。戦略リーフレットは、イラストと簡単な文章で構成された子ども向け版も作成されています。



詳しくはこちらをご覧ください。

https://ec.europa.eu/info/policies/justice-and-fundamental-rights/rights-child/eu-strategy-rights-child-and-european-child-guarantee_en

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

米、日本の外国人技能実習制度に再び警鐘を鳴らす

アメリカ合衆国国務省が7月1日に発表した2021年版の世界各国の人身売買に関する報告書(2021 Trafficking in Persons Report)の中で、外国人技能実習制度の実態と日本政府の不十分な取り組みを理由として、日本は4段階評価で上から二番目のTier2に格下げされました(2018年、2019年は一時的にTier1でしたが、再度Tier2に戻りました)。外国人技能実習制度は、以

ドイツ、ノルウェーで人権デュー・デリジェンス法制化が進む

ドイツ 2021年6月、ドイツ連邦議会によりサプライチェーン注意義務法が2023年1月から施行されることが承認可決されました。この法律は、企業に対してサプライチェーン上の人権リスクや、それに影響を及ぼしうる環境リスクに関するデュー・デリジェンス(リスク監査や人権リスクの予防措置)の実施を企業に義務づけます。 2023年1月からは、ドイツ国内にある本店、本社、主要事業所などの従業員が3000人を超え

日本のアパレル企業は低評価。強制労働リスクへの対応は未だ不十分。

イギリスの人権NGO、Know The Chainは5月26日、世界各国のアパレル企業64社を対象に強制労働リスク対応状況を評価した2021年ランキング「2021 Apparel and Footwear Benchmark」を発表しました。 アパレル業界のサプライチェーンでは以前より強制労働が問題視されていますが、未だ大幅な改善が見られていません。強制労働リスクへの対応について「何もしていない」