• ace-socialbusiness

【イベント】7月12日「人権デューディリジェンス・欧州の動向を考える」にACE代表の岩附が登壇します。

最終更新: 7月6日



2011年に国連人権理事会で全会一致で承認され、今年10周年を迎えた「ビジネスと人権に関する指導原則」は、国家の人権保護義務に加え、企業に対しても、人権を尊重する責任を果たすことを求めています。その実効性を担保するために、各国で法制化が進んでおり、中でも、その動きは欧州で特に顕著です。現在は、EUレベルでの環境・人権デューディリジェンス法制について議論されており、先日は、ドイツでも法律が可決されました。

本ウェビナーでは、昨年10月に公表された日本の行動計画(NAP)の概要、そして現在の日本企業の取り組みを踏まえつつ、特にフランスとドイツの法制度と実務を学びつつ、日本においてビジネスと人権の取り組みをいかに進めていくか、企業、投資家、そして市民社会のマルチステークホルダーで議論を深めていきます。


みなさまどうぞご参加ください。

◆開催日時 :2021年7月12日(月) 15時00分〜17時00分

◆開催方法 :ZOOMウェビナー

◆使用言語 :日本語・英語(日英の同時通訳あり)

◆参加費 :無料

◆お申込み:https://bhrevent20210712.peatix.com/

◆視聴方法 :前日までに、お申込いただいたメールアドレスに参加用URLをお送りします。


◆プログラム: 開催に寄せて

門 寛子氏(経済産業省通商政策局通商戦略室長(併)ビジネスと人権政策調整室長)

「NAP(行動計画)の概要と計画達成に向けた取り組みについて

若林 秀樹氏(BHR市民プラットフォーム代表幹事/JANIC事務局長)

「日本企業における『ビジネスと人権』への取り組みの進展と課題」

関 正雄氏(損保ジャパン サステナビリティ推進部 シニア アドバイザー/明治大学経営学部特任教授)

パネルディスカッション・Q&A

Robert Grabosch氏(Attorney-at-Law, Schweizer Legal) Lucie Chatelain氏(Sherpa, Advocacy and Litigation Officer) 関 正雄氏(損保ジャパン サステナビリティ推進部 シニア アドバイザー/明治大学経営学部特任教授) 岩附 由香氏(BHR市民プラットフォーム副代表幹事/認定NPO法人ACE代表) 松原 稔氏(りそなアセットマネジメント株式会社執行役員責任投資部長) モデレーター 佐藤 暁子氏(認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ事務局次長/ビジネスと人権リソースセンター日本リサーチャー・代表)

閉会挨拶

◆共催: ・ビジネスと人権市民社会プラットフォーム(https://www.bhr-nap-cspf.org) ・ビジネスと人権リソースセンター(https://www.business-humanrights.org/ja/

★メディアで取材希望される方: Peatixでのお申し込みと併せて、①所属先 ②お名前 ③掲載予定媒体 を 件名【210712ウェビナー取材依頼】にて事前にHRN事務局(info_bhr@hrn.or.jp)あてにご連絡ください。

※注意事項 ・本イベントの進行を妨害される恐れがある、誹謗中傷する恐れがあると主催者が判断した場合、参加をお断りする可能性があります。 ・また、発言・登壇者の方に、より自由な議論をして頂けるよう、イベント中の発言をSNS等で対外的に発信・中継する等の行為はおやめください。 ・本イベントの後日配信は行いません。何卒ご了承いただきますようお願いいたします。


【お問い合わせ】info_bhr@hrn.or.jp

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ドイツ、ノルウェーで人権デュー・デリジェンス法制化が進む

ドイツ 2021年6月、ドイツ連邦議会によりサプライチェーン注意義務法が2023年1月から施行されることが承認可決されました。この法律は、企業に対してサプライチェーン上の人権リスクや、それに影響を及ぼしうる環境リスクに関するデュー・デリジェンス(リスク監査や人権リスクの予防措置)の実施を企業に義務づけます。 2023年1月からは、ドイツ国内にある本店、本社、主要事業所などの従業員が3000人を超え

日本のアパレル企業は低評価。強制労働リスクへの対応は未だ不十分。

イギリスの人権NGO、Know The Chainは5月26日、世界各国のアパレル企業64社を対象に強制労働リスク対応状況を評価した2021年ランキング「2021 Apparel and Footwear Benchmark」を発表しました。 アパレル業界のサプライチェーンでは以前より強制労働が問題視されていますが、未だ大幅な改善が見られていません。強制労働リスクへの対応について「何もしていない」

ACE、カカオ産業での児童労働撤廃に向けた対策を求め、共同でオープンレターに署名

2021年6月10日に国際労働機関とユニセフから共同発表された世界の児童労働者数は増加しており、その問題の多くはアフリカに根強く関連しています。特に、西アフリカのカカオ農園では、強制労働を含む児童労働が深刻な状況です。 カカオ産業に関わりの深いガーナで児童労働撤廃に向けて取り組みをしているACEとして、世界の児童労働撤廃を目指すのであれば、より一層の、企業、政府、そしてNGO間での連携が必要だとし