• ace-socialbusiness

ドイツ、サプライチェーン法を2023年から施行

最終更新: 6月8日

ドイツのアルトマイヤー経済エネルギー大臣、ハイル労働大臣、ミュラー経済協力開発大臣は、サプライチェーンのデューデリジェンスに関する新しい法律の制定に合意しました。先日3月3日に法案が閣議決定され、2023年1月から施行を目指すとしています。国連「ビジネスと人権に関する指導原則」とOECD「多国籍企業行動指針」の条項を組み込むこの法律により、ドイツに本社を置く企業は、サプライチェーンの全レベルで人権基準および関連環境基準の遵守を確保する法的義務が課されます。


また、これから作成される人権デューディリジェンスに関するEU法の内容に合わせ、ドイツ国内法も内容を厳格化する可能性があります。


詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.bundesregierung.de/breg-en/news/supply-chain-act-1872076

216回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

米、日本の外国人技能実習制度に再び警鐘を鳴らす

アメリカ合衆国国務省が7月1日に発表した2021年版の世界各国の人身売買に関する報告書(2021 Trafficking in Persons Report)の中で、外国人技能実習制度の実態と日本政府の不十分な取り組みを理由として、日本は4段階評価で上から二番目のTier2に格下げされました(2018年、2019年は一時的にTier1でしたが、再度Tier2に戻りました)。外国人技能実習制度は、以

ドイツ、ノルウェーで人権デュー・デリジェンス法制化が進む

ドイツ 2021年6月、ドイツ連邦議会によりサプライチェーン注意義務法が2023年1月から施行されることが承認可決されました。この法律は、企業に対してサプライチェーン上の人権リスクや、それに影響を及ぼしうる環境リスクに関するデュー・デリジェンス(リスク監査や人権リスクの予防措置)の実施を企業に義務づけます。 2023年1月からは、ドイツ国内にある本店、本社、主要事業所などの従業員が3000人を超え

日本のアパレル企業は低評価。強制労働リスクへの対応は未だ不十分。

イギリスの人権NGO、Know The Chainは5月26日、世界各国のアパレル企業64社を対象に強制労働リスク対応状況を評価した2021年ランキング「2021 Apparel and Footwear Benchmark」を発表しました。 アパレル業界のサプライチェーンでは以前より強制労働が問題視されていますが、未だ大幅な改善が見られていません。強制労働リスクへの対応について「何もしていない」