• ace-socialbusiness

【児童労働者数の世界推計発表ー児童労働は増加ー】

更新日:2021年6月11日

ジュネーブのILO本部で本日14時30分(日本時間21時30分)に行われる児童労働者数世界推計の発表に先立ち、その内容が公開されました。

これに関してACE代表の岩附が下記の通りコメントをしましたので、お知らせいたします。

**********************************************

2021年6月10日

関係者のみなさま

6月12日の「児童労働反対世界デー」を前に、10日、国際労働機関(ILO)とユニセフが四年ぶりの児童労働のグローバル推計を発表しました。

世界の児童労働者数は、1億6千万人。

4年前の発表から840万人増加し、2000年に推計を発表しはじめてからの減少傾向だった児童労働が増加に転じてしまいました。

・世界の児童労働者数は増加したものの、世界の子ども(5-17歳)の10人に1人、という割合は変わらず

・地域別に最も多いのはサハラ砂漠以南のアフリカ地域

 → 8860万人、この地域のおよそ4人に1人が児童労働をしている状態

・産業別にみると農林水産業が7割、サービス業2割、工業1割

・児童労働者の割合は、農村部では14%、都市部では5%と約3倍の差

・推計上は男子の方が多いが、家事手伝いを週に21時間以上行っている子どもを含めると、男女差は小さくなる

・5歳~11歳の児童労働が増加している

・児童労働に従事している5歳から11歳の子どもの28%、12歳から14歳の子どもの35%が、学校に通っていない

・新型コロナウイルスの影響でさらに900万人が児童労働に陥るリスクがある

今年は児童労働撤廃国際年。SDGsに掲げられている児童労働撤廃の目標年は2025年です。

ACEは今こそ、児童労働撤廃に向け、コミュニティ、政府、企業、市民社会のみなさんと連携しアクションを起こしていきます。

認定NPO法人代表

岩附 由香


(ご参考)

ILO駐日事務所ウェブサイト掲載情報:

https://www.ilo.org/tokyo/information/pr/WCMS_799819/lang--ja/index.htm

日本ユニセフ協会ウェブサイト掲載情報:

https://www.unicef.or.jp/news/2021/0119.html


閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本繊維産業連盟より、「繊維産業における責任ある企業行動ガイドライン」が発行されました。ILOと日本繊維産業連盟(JTF)は、繊維産業の責任ある企業行動促進に向けた協力覚書を2021年秋に締結し、ILOとJTF、また経済産業省がオブザーバーとして参加するプロジェクトチームにより、繊維産業の企業がデュー・ディリジェンスにより取り組みやすくするためのガイドラインを策定してきました。 ガイドラインの構成

欧州やアメリカを初め国際的にビジネスと人権への対応が高まる中、2022年2月、経済産業省は、人権デュー・ディリジェンス(人権DD)に関する業種横断的なガイドラインを策定することを発表しました。同時に設置された「サプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン検討会」により、責任あるサプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン案の策定に向け議論が行われてきました。 ガイドライン策定にあた

ACEは、2020年10月より、国際協力機構(JICA)の委託事業である「ガーナ共和国カカオ・セクターを中心とした児童労働に係る情報収集・確認調査」を実施してきました。本調査では、児童労働に関する世界的動向やガーナにおける支援動向、カカオ産業の関係者等による取り組み動向を調査したほか、2020年3月にガーナ政府が発行した「児童労働フリーゾーン(CLFZ)構築のためのガイドライン」の実行可能性を検証