• ace-socialbusiness

【児童労働者数の世界推計発表ー児童労働は増加ー】

更新日:6月11日

ジュネーブのILO本部で本日14時30分(日本時間21時30分)に行われる児童労働者数世界推計の発表に先立ち、その内容が公開されました。

これに関してACE代表の岩附が下記の通りコメントをしましたので、お知らせいたします。

**********************************************

2021年6月10日

関係者のみなさま

6月12日の「児童労働反対世界デー」を前に、10日、国際労働機関(ILO)とユニセフが四年ぶりの児童労働のグローバル推計を発表しました。

世界の児童労働者数は、1億6千万人。

4年前の発表から840万人増加し、2000年に推計を発表しはじめてからの減少傾向だった児童労働が増加に転じてしまいました。

・世界の児童労働者数は増加したものの、世界の子ども(5-17歳)の10人に1人、という割合は変わらず

・地域別に最も多いのはサハラ砂漠以南のアフリカ地域

 → 8860万人、この地域のおよそ4人に1人が児童労働をしている状態

・産業別にみると農林水産業が7割、サービス業2割、工業1割

・児童労働者の割合は、農村部では14%、都市部では5%と約3倍の差

・推計上は男子の方が多いが、家事手伝いを週に21時間以上行っている子どもを含めると、男女差は小さくなる

・5歳~11歳の児童労働が増加している

・児童労働に従事している5歳から11歳の子どもの28%、12歳から14歳の子どもの35%が、学校に通っていない

・新型コロナウイルスの影響でさらに900万人が児童労働に陥るリスクがある

今年は児童労働撤廃国際年。SDGsに掲げられている児童労働撤廃の目標年は2025年です。

ACEは今こそ、児童労働撤廃に向け、コミュニティ、政府、企業、市民社会のみなさんと連携しアクションを起こしていきます。

認定NPO法人代表

岩附 由香


(ご参考)

ILO駐日事務所ウェブサイト掲載情報:

https://www.ilo.org/tokyo/information/pr/WCMS_799819/lang--ja/index.htm

日本ユニセフ協会ウェブサイト掲載情報:

https://www.unicef.or.jp/news/2021/0119.html


33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

米、日本の外国人技能実習制度に再び警鐘を鳴らす

アメリカ合衆国国務省が7月1日に発表した2021年版の世界各国の人身売買に関する報告書(2021 Trafficking in Persons Report)の中で、外国人技能実習制度の実態と日本政府の不十分な取り組みを理由として、日本は4段階評価で上から二番目のTier2に据え置かれたままでした(2018年、2019年は一時的にTier1でしたが、2020年に再度Tier2に戻りました)。外国人

ドイツ、ノルウェーで人権デュー・デリジェンス法制化が進む

ドイツ 2021年6月、ドイツ連邦議会によりサプライチェーン注意義務法が2023年1月から施行されることが承認可決されました。この法律は、企業に対してサプライチェーン上の人権リスクや、それに影響を及ぼしうる環境リスクに関するデュー・デリジェンス(リスク監査や人権リスクの予防措置)の実施を企業に義務づけます。 2023年1月からは、ドイツ国内にある本店、本社、主要事業所などの従業員が3000人を超え

【イベント】7月12日「人権デューディリジェンス・欧州の動向を考える」にACE代表の岩附が登壇します。

2011年に国連人権理事会で全会一致で承認され、今年10周年を迎えた「ビジネスと人権に関する指導原則」は、国家の人権保護義務に加え、企業に対しても、人権を尊重する責任を果たすことを求めています。その実効性を担保するために、各国で法制化が進んでおり、中でも、その動きは欧州で特に顕著です。現在は、EUレベルでの環境・人権デューディリジェンス法制について議論されており、先日は、ドイツでも法律が可決されま