• ace-socialbusiness

「責任あるサプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン(案)」へパブリックコメントを提出

欧州やアメリカを初め国際的にビジネスと人権への対応が高まる中、2022年2月、経済産業省は、人権デュー・ディリジェンス(人権DD)に関する業種横断的なガイドラインを策定することを発表しました。同時に設置された「サプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン検討会」により、責任あるサプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン案の策定に向け議論が行われてきました。


ガイドライン策定にあたり、2022年8月8~29日の期間にパブリックコメントが公募され、ACEは次の資料のように意見を提出しました。


ACEが提出したパブリックコメントはこちら(PDF)


また、このパブリックコメントの一部を、8月23日にビジネスと人権市民社会プラットフォーム(BHRC)主催にて行われたウェビナー「サプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン~ガイドラインの概要&市民社会の声~」において、ACE代表の岩附が発表しました。ウェビナーではガイドラインの概要説明があったほか、懸念点などについて国内外の市民組織と共に議論しました。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

経済産業省は、企業の人権への取組状況の把握と政府への要望の聞き取りを目的として、「日本企業のサプライチェーンにおける人権に関する取り組み状況のアンケート調査」を開始しました。 この調査は、昨年策定された「ビジネスと人権に関する行動計画(NAP)」推進の一環として行うもので、...

経済産業省は、2016年9月より「ビジネスと人権~責任あるバリューチェーンに向けて~」と題する情報サイトを公開しました。 同省は、日本企業が人権尊重の責任を果たし、また、効果的な苦情処理の仕組みを通じて問題解決を図ることを期待するとともに、そのような取組を進める日本企業が正...

2022年8月9日、経産省サプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン(案)に関するパブリックコメントの募集が開始されました。 ぜひ、企業、投資家、労働組合、NGO、そして市民の皆さま、ステークホルダーとしてぜひ関心をもってご覧ください。...