• ace-socialbusiness

【開催報告】ガーナの児童労働フリーゾーンに関する調査 報告セミナー

ACEは、2020年10月より、国際協力機構(JICA)の委託事業である「ガーナ共和国カカオ・セクターを中心とした児童労働に係る情報収集・確認調査」を実施してきました。本調査では、児童労働に関する世界的動向やガーナにおける支援動向、カカオ産業の関係者等による取り組み動向を調査したほか、2020年3月にガーナ政府が発行した「児童労働フリーゾーン(CLFZ)構築のためのガイドライン」の実行可能性を検証するパイロット活動を、ガーナの2つの自治体(郡)で実施しました。本調査の実施にあたっては、開発援助分野でのコンサルティング事業を多数手がける、アイ・シー・ネット株式会社(IC Net)との共同事業体を組みました。


本調査の最終レポートの完成を踏まえ、2022年7月20日には調査結果に関する報告セミナーを実施しました。このセミナーは、JICAおよびJICAが事務局を務める「開発途上国におけるサステイナブル・カカオ・プラットフォーム(以下、プラットフォーム)」が主催し、IC NetとACEが共催する形で行いました。セミナーには、プラットフォームのメンバー企業やNGO、開発援助コンサルタント会社やJICAの関係者を含む78名が、対面とオンラインで参加しました。調査の結果については、ガーナでのCLFZに関するパイロット活動についての内容と、カカオ・セクターにおける海外のプラットフォームの動向やガーナでのカカオに関連する企業やNGO等の動向に関する内容と、2つのパートに分けて報告を行いました。


報告内容はACEメインウェブサイトにてお読みいただけます。

  • ガーナ政府が国の制度として導入を進める「児童労働フリーゾーン(CLFZ)」

  • パイロット活動を実施し「CLFZガイドライン」の実行可能性を検証

  • カカオ分野における多様な連携プラットフォームの動向

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カカオ産業の児童労働をなくすために ACEがガーナ政府や日本のチョコレート企業、JICA(国際協力機構)などと連携して行ってきた取り組みを、ショコラコーディネーターの市川歩美(Ayumi)さんに取材していただき、HUFFPOSTの記事として公開されました!...

開発協力の実績や課題別・地域別の政策及び取組を紹介する開発協力白書の2021年版に、ACEの取り組みが掲載されました。 開発協力白書は、毎年外務省が発行しています。 2021年版開発協力白書は下記リンクよりご覧ください。 「2021年版開発協力白書 日本の国際協力」...

6月12日の児童労働反対世界デーを控えた6月9日、第14回ACE交流サロンを開催し、日頃ご支援くださっている企業の方々向けにACEチョコレートプロジェクトの活動報告をいたしました。ACEは、2009年からガーナのカカオ生産地での児童労働をなくすための活動に取り組んできました...