• ace-socialbusiness

ACEはカカオに関するグローバルなNGOネットワーク、Voice networkの正会員となりました。

更新日:11月25日


ACEは2022年10月24日、持続可能なカカオ産業の実現をめざす団体で構成されるネットワーク、Voice networkの正会員となりました。当ネットワークはオランダに事務局を置き、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア・太平洋、アフリカの各地域・国で活動する市民社会組織や貿易連合22団体(2022年10月現在)からなるグローバルなネットワークです。カカオ産業が抱える課題の解決をめざし、生活所得の問題(農家の収入向上)、人権課題、環境課題、透明性とアカウンタビリティ向上に焦点を当てて、主に企業や政府への政策提言を行っています。また生産国と消費国の政治や、チョコレート産業の中に根付く力関係の是正にもアプローチしています。


ACEは、企業のサプライチェーンからの児童労働撤廃に加え、ガーナやコートジボワールなどカカオ生産国の全エリアから児童労働がなくなることをめざしています。私たちは、ガーナ現地での支援活動の知見から、カカオ産業での児童労働の解決のためには、日本国内のステークホルダーとの連携に加え、グローバルレベルの重要なアクターを動かしていくことが重要だと感じています。そのため、国際的に影響力のある企業や欧州の国レベルのアクターにもネットワークをもつ当ネットワーク加盟団体との連携を通し、グローバルレベルでのインパクト創出をめざしています。また、ACEのスマイル・ガーナ プロジェクトや、国際協力機構(JICA)の委託事業「ガーナ共和国カカオ・セクターを中心とした児童労働に係る情報収集・確認調査」から得た知見をグローバル・ネットワークに発信し、知見の共有という側面でも貢献していきたいと考えています。


そのような理由から、ACEは2021年10月にVoice networkへ加盟し、初めの1年間は当ネットワークの規定により加盟申請団体として活動に参加してきました。当ネットワークの活動は、カカオ産業が抱える社会課題の現状や課題解決への糸口を探る報告書Cocoa Barometerの作成、各国における人権デューデリジェンス政策策定に関わる最新の動向に関わる情報共有のほか、EU人権デューデリジェンス・ガイドラインへの政策提言や、消費国と生産国との対話、見逃されているテーマに関する調査、など、活動の範囲は多岐にわたります。


今後も、Voice networkの一員として、会員間での知見や各国の最新情報を共有し、協働分野の可能性を探り続け、児童労働の撤廃に向け、世界各国の仲間とより強固な連携を通して活動を進めてまいります。


これからもご支援をよろしくお願いいたします。


Voice networkについて

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

12月10日の世界人権デーを控え、第15回ACE交流サロンを開催いたします。 2022年9月に、企業によるビジネスと人権への取り組みを後押しするため、経済産業省が「責任あるサプライチェーン等における人権尊重のためのガイドライン」を発行しました。ガイドラインはできたものの、法的拘束力がない中で、実際何をどのように進めていったらよいのかという声や、消費者の意識が追い付いていないというような声も聞かれる

ACEは、2020年10月より2022年6月にかけて、国際協力機構(JICA)の委託事業「ガーナ共和国カカオ・セクターを中心とした児童労働に係る情報収集・確認調査」を実施しました。本調査では、児童労働に関する世界的動向やガーナにおける支援動向、カカオ産業の関係者等による取り組み動向を調査したほか、2020年3月にガーナ政府が発行した「児童労働フリーゾーン(CLFZ)構築のためのガイドライン(以下、

2022年9月28日 ABEMA primeにて、ブラックサンダー(有楽製菓株式会社)の原料が、児童労働に配慮したカカオ原料に切り替わったことが取り上げられました。NPOと企業との連携を通して児童労働のないカカオの実現に向けて取り組みをしているソーシャルビジネス推進事業部のチーフ、佐藤有希子が番組に出演し、解説およびコメントをいたしました。 配信動画、および関連記事は以下のリンクよりご覧いただけま