• ace-socialbusiness

サステナブル・コットンの普及を進める日本初のイニシアチブが誕生

更新日:7月27日

世界で消費される綿花の大半はアジアを中心とする途上国の小規模農家によって栽培されています。栽培現場では、農薬や化学肥料の過度の使用による環境汚染、働く人の健康被害、児童労働や強制労働などの人権問題が顕著になっています。こうした問題を、持続可能な栽培方法に基づいて世界的に解消しようとする潮流を受け、2021年5月末に「日本サステナブル・コットン・イニシアチブ」が発足しました。

ACE も、このイニシアチブに賛同団体として加入しております。このような業界内のプラットフォームは大変重要であり、 ACEとしても、このイニシアチブがスタートしたことを歓迎いたします。インドのコットン産業における児童労働の根本的解決のためには、ビジネス側の変容も不可欠です。日本の繊維産業においては、残念ながら企業によって問題の認識に未だ大きなバラつきがあります。このイニシアチブが関心喚起のきっかけになることを願っています。後もも、各企業のサプライチェーン上の人権問題への取り組みをサポートさせていただきます。

このイニシアチブは、日本企業や関連団体がサステナブル・コットンを普及させる上での障壁を取り除き、その調達量を増やすための具体的な行動計画の策定につなげる支援を通じ、コットンを巡る日本国内外におけるサプライチェーン上の課題解決に貢献することを目指し、同じ目標を持つ世界的なイニシアチブとも連携を図ります。また、参加企業がサステナブル・コットンの責任ある原材料調達に自社にあう形で取り組めるよう、環境整備を行なっていきます。

イニシアチブについてはこちらをご覧ください。

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

第12回ACE交流サロン(開催報告)

2021年2月18日、「企業×NGOで実現 サステナブルコットンの船出 ~学生とSDGsを達成する未来を考える~」をテーマに、ACE交流サロンを開催しました。12回目となる今回は、サロン初の試みとして、企業だけでなく、若者・学生にも参加いただき、ACEがインドのコットン生産...

環境省、日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査を実施

製造過程におけるエネルギーの大量消費や製品の短いライフサイクルなど、ファッション業界は環境負荷が非常に大きい産業と指摘され、国際的な課題となっています。こうした背景を受け、環境省は、日本で消費される衣服と環境負荷に関する調査を2020年12月〜2021年3月に実施しました。...